morenet
自宅用Linuxファンレスサーバ構築時のメモです。MediaTombをBRAVIAのDLNA機能に対応させるパッチは→こちらの記事から。
CPUはAtom N270、マザーボードはIntel D945GSEJT。ディストリビューションはUbuntu 9.04 Server → 10.04 Serverです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[自宅サーバ] サーバの温度をグラフ化してWebブラウザでみる
前も書いたけどファンレス故に温度が気になる
気になりすぎて昼間仕事にならない・・・ことは無いけどw
あと、一日で温度がどのように遷移するかも見てみたい。

ということで、温度をグラフ化してWAN側からWebブラウザで確認できるようにする。

まず温度の遷移を記録するのは、先日インストールしたsensorsをcronで1時間置きに起動し、温度のログを記録することにした。

$ sudo vi /etc/cron.hourly/rec_temp

#!/bin/sh
tail -n 47 /var/log/temparature.log > /var/log/tmp
sensors | awk '{if ($2 == "Temp:" && $1 != "AUX"){printf("%s",$3); if ($1 == "Sys") printf(" "); else printf(" \n");}}' | sed -e "s/[^0-9. ]*//g" >> /var/log/tmp
mv /var/log/tmp /var/log/temparature.log


2010/9/5追記:
Ubuntu 10.04ではsensorsの出力文字が変わったので、3行目をこんな感じに。

sensors | awk '{if ($1 ~ "^temp" && $1 != "temp3:"){printf("%s",$2); if ($1 == "temp1:") printf(" "); else printf(" \n");}}' | sed -e "s/[^0-9. ]*//g" >> /var/log/tmp


ログの中身はこんな感じになる。

$ more /var/log/temparature.log
45.0 52.5
45.0 52.5
45.0 54.0
45.0 53.0



次は、グラフ化の方法を検討した。
なんとなく、PHPならできそうな気がして調べてみるとJpGraphというPHPライブラリが配布されていることを知った。
>>続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:自宅サーバー構築日記 - ジャンル:コンピュータ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。