morenet
自宅用Linuxファンレスサーバ構築時のメモです。MediaTombをBRAVIAのDLNA機能に対応させるパッチは→こちらの記事から。
CPUはAtom N270、マザーボードはIntel D945GSEJT。ディストリビューションはUbuntu 9.04 Server → 10.04 Serverです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Ubuntu] sambaの設定
sambaはデフォルトでインストールされていた。


設定の前にこれを読んだ

securityについて
http://www.itmedia.co.jp/help/tips/linux/l0517.html


まずはsambaのルートディレクトリを作成。

$ sudo mkdir /var/samba
$ sudo chmod g+w,o+w /var/samba



次に/etc/samba/smb.comf編集。赤字はlprのエラーを抑止するために必要だった。

[global]
dos charset = CP932
display charset = UTF-8
workgroup = MSHOME
server string = %h server (Samba, Ubuntu)
security = SHARE
map to guest = Bad User
obey pam restrictions = Yes
passdb backend = tdbsam
pam password change = Yes
passwd program = /usr/bin/passwd %u
passwd chat = *Enter\snew\s*\spassword:* %n\n *Retype\snew\s*\spassword:* %n\n *password\supdated\ssuccessfully* .
unix password sync = Yes
syslog = 0
log file = /var/log/samba/log.%m
max log size = 1000
dns proxy = No
usershare allow guests = Yes
panic action = /usr/share/samba/panic-action %d
read only = No
printing = bsd
print command = lpr -r -P'%p' %s
lpq command = lpq -P'%p'
lprm command = lprm -P'%p' %j

[share]
path = /var/samba
force create mode = 0666
force directory mode = 0777
guest only = Yes
guest ok = Yes



そしてsambaを再起動。なんかエラーが出た。

$ sudo /etc/init.d/samba restart
smbd version 3.3.2 started.
Copyright Andrew Tridgell and the Samba Team 1992-2009
[2009/09/19 09:43:10, 0] printing/pcap.c:pcap_cache_reload(178)
Unable to open printcap file /etc/printcap for read!
[2009/09/19 09:43:10, 0] printing/pcap.c:pcap_cache_reload(178)
Unable to open printcap file /etc/printcap for read!



空の/etc/printcapを作ってやるとおさまった。

$ sudo touch /etc/printcap

スポンサーサイト

テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。