morenet
自宅用Linuxファンレスサーバ構築時のメモです。MediaTombをBRAVIAのDLNA機能に対応させるパッチは→こちらの記事から。
CPUはAtom N270、マザーボードはIntel D945GSEJT。ディストリビューションはUbuntu 9.04 Server → 10.04 Serverです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Ubuntu] lm-sensorsのインストール
ファンレス故に温度が気になる。ということで、lm-sensorsを導入。

このパッケージをいれるとsensorsというコマンドでCPUの温度など見られるようになる。

しかしながら、このマザーボード(Intel D945GSEJT)はwinbond W83627DHG-AというIOチップ経由で温度センサをモニタしているらしいが、カーネル2.6.28がこのW83627DHG-Aを認識してくれない。
(新しいUbuntuのリリースだと解決しているんだろうか?)

しかし下記URLにある対策をすることで使えるようになる。

https://bugzilla.kernel.org/show_bug.cgi?id=13338

どうやら、W83627DHG-Aを2.6.28カーネルでも認識出来るW83627DHGというチップとして認識させる、という事のようだ。

以下手順。

/etc/modprobe.d/hwmon.conf に以下を記述する。

options w83627ehf force_id=0xa020


動作チェックのため、modprobeで先程のモジュールを読み込んでみる

$ sudo modprobe w83627ehf


認識できるかチェック。

$ sudo sensors-detect
# sensors-detect revision 5249 (2008-05-11 22:56:25 +0200)

(中略)

Some Super I/O chips may also contain sensors. We have to write to
standard I/O ports to probe them. This is usually safe.
Do you want to scan for Super I/O sensors? (YES/no):
Probing for Super-I/O at 0x2e/0x2f
Trying family `National Semiconductor'... No
Trying family `SMSC'... No
Trying family `VIA/Winbond/Fintek'... Yes
Found unknown chip with ID 0xb073
Probing for Super-I/O at 0x4e/0x4f
Trying family `National Semiconductor'... No
Trying family `SMSC'... No
Trying family `VIA/Winbond/Fintek'... No
Trying family `ITE'... No


なんか見つけたらしいが・・・。sensorsの動作チェック。

$ sensors

w83627dhg-isa-0a00
Adapter: ISA adapter
VCore: +0.85 V (min = +0.00 V, max = +1.74 V)
in1: +10.35 V (min = +7.60 V, max = +1.64 V) ALARM
AVCC: +3.36 V (min = +3.95 V, max = +3.04 V) ALARM
3VCC: +3.36 V (min = +2.10 V, max = +3.49 V)
in4: +1.82 V (min = +0.98 V, max = +1.27 V) ALARM
in5: +1.20 V (min = +1.14 V, max = +1.27 V)
in6: +5.02 V (min = +6.53 V, max = +2.59 V) ALARM
VSB: +3.38 V (min = +3.87 V, max = +1.95 V) ALARM
VBAT: +3.33 V (min = +2.42 V, max = +1.81 V) ALARM
Case Fan: 0 RPM (min = 10546 RPM, div = 128) ALARM
CPU Fan: 0 RPM (min = 3515 RPM, div = 128) ALARM
Aux Fan: 0 RPM (min = 3515 RPM, div = 128) ALARM
fan4: 0 RPM (min = 10546 RPM, div = 128) ALARM
fan5: 0 RPM (min = 10546 RPM, div = 128) ALARM
Sys Temp: +49.0°C (high = -34.0°C, hyst = +111.0°C) sensor = diode
CPU Temp: +59.5°C (high = +80.0°C, hyst = +75.0°C) sensor = diode

AUX Temp: +127.0°C (high = +80.0°C, hyst = +75.0°C) ALARM sensor = thermistorSys

TempとCPU Tempは正常に読めている様子なのでOK。

最後に、ブート時にカーネルにw83627ehfモジュールを追加するように/etc/modulesを編集。

# /etc/modules: kernel modules to load at boot time.
#
# This file contains the names of kernel modules that should be loaded
at boot time, one per line. Lines beginning with "#" are ignored.

loop
lp
w83627ehf


追記
Ubuntu 10.04にupgradeしたところ、w83627dhg-isa-0a00として普通に認識してくれました。
また、Atom内の温度センサーも認識してくるようになったらしい。
スポンサーサイト

テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。