morenet
自宅用Linuxファンレスサーバ構築時のメモです。MediaTombをBRAVIAのDLNA機能に対応させるパッチは→こちらの記事から。
CPUはAtom N270、マザーボードはIntel D945GSEJT。ディストリビューションはUbuntu 9.04 Server → 10.04 Serverです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Ubuntu] 10.04 LTSにアップグレード
My Ubuntu Serverが稼働し始めてから1年経ち、Ubuntuも半年ごとに9.04 → 9.10 → 10.04とリリースされました。

以前debianでアップグレードを失敗してインストールし直した経験が有ったので腰が重かったのですが、
10.04がリリースされてから半年近くたち、やっとアップグレードをしました。


アップグレードのやり方は、"Ubuntu アップグレード 9.10"とかでググるとUbuntu Japanese Teamのページがでるので、そこを参考にしました。

元は9.04だったので、直接10.04にはアップグレード出来ず9.04→9.10→10.04とアップグレードすることになりました。


では実際の手順。

まずは、アップグレード作業前に不測の事態に備えて、~/、/etc/など設定ファイル関係を別のマシンにバックアップ。失敗するとブートできなくなることもあるので。

Server版だったので、アップグレードはシェルから行う。

$ sudo apt-get install update-manager-core
$ sudo do-release-upgrade

do-release-upgradeの実行中は、各プログラムの設定ファイルを上書きするか聞かれる。
設定ファイルはバックアップを取ってあったので、結構上書きした(記述が改善していることを期待)。

do-release-updateが終わると再起動するか聞かれるので、再起動。

すると正常に起動せず、以下のメッセージが出た。

Gave up waiting for root device. Common problems:
  - Boot args (cat /proc/cmdline)
    - Check rootdelay= (did the system wait long enough?)
    - Check root= (did the system wait for the right device?)
  - Missing modules (cat /proc/modules; ls /dev)
ALERT! /dev/mapper/kotomi-root device does not exist.
Dropping to a shell!

冷汗と嫌な汗が出たが、調べてみると正常にカーネルイメージを読み込みていないようだ。grubで他のカーネルイメージを試してみることにした。

BIOS POST画面後ESCキーを押し、grubを起動すると、9.10のイメージではなく、以前自分でビルドしたカーネルがgrubの設定ファイルで先頭にきていた。
そういえば、do-release-upgradeの最後で、昔のカーネルは削除されたような・・・

とにかく、grubで新しいカーネルを選択したら起動できた。grubの設定ファイル(/boot/grub/menu.lst)から古いカーネルを削除しておく。

そしたら、こんどは9.10→10.04にするために同じことをもう1回。

$ sudo apt-get install update-manager-core
$ sudo do-release-upgrade


アップグレードすると、sensorsの出力フォーマットが変わっていたのでcronで実行するスクリプトを変えた
スポンサーサイト

テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。